用語解説


KAHALANI Coffee House

ICA(あいしーえー)

「国際コーヒー協定(International Coffee Agreement)」のこと。コーヒーの世界的な需要と供給のバランスを図ることにより、消費者(消費国)にとっては公正で、生産者(生産国)にとって採算のとれる水準にコーヒー価格を安定させることを目的とした国際商品協定。第1次協定は1962年に作成され、日本は1964年から参加している。 ICO(あいしーおー) 「国際コーヒー機構」のこと。1962年に成立したICA(国際コーヒー協定)の運営を管理するための機構として、1963年に発足した政府間の組織体。本部はロンドン。

SCAA(えすしーえーえー)

アメリカスペシャルティコーヒー協会(あめりかすぺしゃるてぃこーひーきょうかい) 1982年にアメリカのスペシャルティコーヒーの共通基準を作ろうと、コーヒー関係者が集まってできた会が発端となっている。現在(2007年11月)では、3,000社以上が加盟する大組織に。
英文表記「Specialty Coffee Association of America」
• 詳しくは「SCAA(英文)」の公式サイトへ

SCAJ(えすしーえーじぇい)

日本スペシャルティコーヒー協会(にほんすぺしゃるてぃこーひーきょうかい) 日本におけるスペシャルティコーヒーの啓蒙・普及、コーヒー文化の醸成、コーヒー消費の拡大、コーヒー業界の発展を目的に2003年4月22日に設立された団体。日本初のプロのコーヒー販売員育成のための『コーヒーマイスター養成講座』をはじめとした教育活動、『ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ』の主催や海外研修、コーヒーフォーラム等の研究活動などを行っている。
英文表記「Specialty Coffee Association of Japan」

カップテイスター(かっぷていすたー)

コーヒー生豆(なままめ)の売買に際して、産地、銘柄ごとの品質を鑑定するために行う味覚検査をする人。香り、酸味、甘味、苦味、コクや欠点となる異臭・異味の有無など、さまざまな味の要素をチェックする能力が求められる。

カップテスト(かっぷてすと)

コーヒー生豆(なままめ)の売買に際して、産地、銘柄ごとの品質を鑑定するために行う味覚検査。香り、酸味、甘味、苦味、コクや欠点となる異臭・異味の有無など、さまざまな味の要素をチェックする。UCCでは、原料買い付け時に始まり、レギュラーコーヒーを工場から出荷する前の品質チェックまで、繰り返しカップテストを実施している。

コーヒーベルト(こーひーべると)

赤道をはさんで北緯25度、南緯25度の間のベルト地帯は、コーヒーの栽培に適した気候、土壌を持っていることからこう呼ばれる。「コーヒーゾーン」とも言われる。

コーヒーコーディネーター(こーひーこーでぃねーたー)

コーヒー豆の種類などの知識とコーヒーの入れ方、オリジナルブレンドの作り方、カフェフードの作り方などの技術などコーヒーを美味しく味わう為の総合的な知識を学ぶ事の出来る資格です。
また、コーヒーコーディネーターの資格はカフェなどを開業する際の知識やラテアートなどの技術なども学べる事から本格的にコーヒーについて学びたいと思う方などにも支持されています。
資格の取得には「日本創芸学院」の行なっているコーヒーコーディネーター検定講座を受講しすべての課題に合格する事で取得出来ます。

コーヒーマイスター(こーひーまいすたー)

コーヒーに対するより深い知識と基本技術の習得をベースとして、お客様へ豊かなコーヒー生活が提案できる専門家のこと。日本スペシャルティーコーヒー協会が主催する、コーヒーマイスター講座を修了し、認定試験に合格すると認定される。受講資格は、日本スペシャルティーコーヒー協会会員の企業に勤務し、コーヒー販売(サービス)に従事していること。

コーヒーインストラクター(こーひーいんすとらくたー)

コーヒーの正しい知識の普及と技術の向上等を目的に、全日本コーヒー商工組合連合会が2003年に立ち上げた資格認定制度を受講し、専門知識や鑑定技術を習得した者に与えられる資格。習得した内容により1級、2級などの種類がある。
• コーヒーインストラクター検定のサイト

コーヒー鑑定士(こーひーかんていし)

ブラジルの資格制度で、コーヒー豆の買い付けや販売、輸出、相場感覚などの商業上の知識に加え、コーヒー豆の格付けをするための知識、ブレンド製造の技術を身につけた者が取得することができる。現在では、サントス商工会議所の運営によって鑑定士養成学校が運営されている。ポルトガル語で「クラシフィカドール」とも言う。

コーヒーの日(こーひーのひ)

昭和58年に全日本コーヒー協会が10月1日を「コーヒーの日」と設定。国民的飲料として定着しつつあるコーヒーの魅力と、すばらしいおいしさを消費者に再認識していただくことを設定目的としている。また、10月1日はコーヒー年度の始まりであり、秋冬期にコーヒーの需要が高くなることから定めたものである。

バール(ばーる)

イタリアでエスプレッソなどを提供する立ち飲みコーヒー店。バールには、エスプレッソなどを提供するプロのコーヒー職人「バリスタ」がいる。

バリスタ(ばりすた)

イタリアのバール(Bar)で、エスプレッソをいれる職人のことをこう呼ぶ。来店客が求める味、最上のサービスを提供できる技術と知識を持っている。日本では、コーヒー専門店でコーヒーを提供する者のことをバリスタと呼ぶなど、やや広義に使われている。

レギュラーコーヒー(れぎゅらーこーひー)

コーヒーの木の種子(主にアラビカ種系コーヒー生豆)を焙煎したもの。またはそれを挽いた粉。またはそこから湯または水で成分を抽出した液体。一般的には、インスタントコーヒーなど、ローグレードのコーヒーに相対して言う。

ページトップへ