ロゴ KAHALANI COFFEE HOUSE
top page>>Story of Hawaii

-ハワイ諸島の話-

アメリカ合衆国ハワイ州は太平洋のほぼ真ん中(北緯21.5度/西経158度[オアフ島])に位置し、大きくは7つ(8つと言う人もいますが)の島が並ぶIslandsです。
北から、カウアイ島、ニイハウ島、オアフ島、モロカイ島、ラナイ島、マウイ島、ハワイ島(ビッグアイランド)と南東へ向かって並んでいて、だいたいこの順番で誕生しました。
ハワイは”常夏”と思われがちですが夏と冬では4〜5度くらいの温度差があり冬場の最低気温は17〜18度くらいまで下がります。
特に一番北に位置するカウアイ島の冬は結構寒く、夕方以降は上着が必要です。(最低気温15度切ったりするかも、、です)
一番あったかい島はもちろん、一番南に位置し、今も火山活動真っ盛りのビッグアイランド(ハワイ島)です。 第一回目の今回は、私の一番好きな島「カウアイ島」についてお話ししたいと思います。
ハワイ諸島画像

-"kahalani"語源の地 カウアイ島-

カウアイ島はハワイ諸島の中で一番古く、一番北に位置する島です。
なので(?)原始の雰囲気が漂っていて、少し前の映画になりますが「ジュラシックパーク」の恐竜が走り回るシーンの多くはこの島で撮影されたそうです。
そんな大自然の島の東海岸に"wailua"という小さな町があります。そこに(’はじめに’のページでもお話しましたが)"kaha lani"があります。
そのあたり一帯に続くビーチは白砂でもなく、決して人工的に整備されてはいませんが、 時間が止まったような、なぜだかわからないけど幸福感が充満していて、まさに”天国の場所”にふさわしいビーチなのです。
カウアイ島画像

-"カウアイ島のヤシの木-

”ハワイと言えばヤシの木”というイメージですが、実は自生のヤシの木はほとんどなく、唯一ここカウアイ島に存在するだけです。
その中でもwailuaのヤシの木群は、”群生している自生のヤシの木”としては希少な存在です。
有名なワイキキ・カラカウア通りのヤシの木もここから移植され、定期的に植え替えられます。
ワイルアのヤシの木画像
元々ヤシの木はハワイにはなくてポリネシア人が持ち込んだという説もあります。
いずれにせよ、ポリネシアの人たちが遥々南の島からたどり着いた楽園ですから、そこからハワイの歴史は始まったとも言えます。

そんなわけで、カウアイ島には自然がいっぱいあり、西のワイメア渓谷、北のポリハレビーチも絶景ポイント間違いなし!ですが、これはまた次回にご紹介する事にしましょう。
今回はこの辺で、それではまた次回。MAHALO!!

y.okamoto


Copyright©2015 KAHALANI Coffee House All Rights Reserved.